ライトアジの釣り方のコツ

ライトアジの基本的な釣り方

ライトアジは仕掛けを投げたりしないので、初心者でも簡単に釣りを楽しめます。

 

どれくらい簡単か、見てみましょう。

 

ライトアジの釣り方は次のとおりです。

 

 

仕掛けを船長から指示されたタナ+ハリス分まで沈めます。

 

竿を小刻みに振って撒き餌を出し、少し巻き上げます。

 

これを2回行って、指示ダナに仕掛けを持っていきます。

 

こうすることで、撒き餌と刺しエサが同調します。

 

そのままアタリを待ちます。

 

当たりがあれば、やや竿を立てて、ゆっくりと一定速度で巻き上げてきます。

 

無理は禁物です。

 

 

底付近を狙う場合もほとんど同じです。

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

その後、竿を振って撒き餌を出し、1m巻き上げます。

 

これを2回繰り返します。

 

すると、仕掛けが底から2m上がります。

 

底から2m上を狙うのが基本です。

 

 

ライトアジで当たりが遠い時は?

ライトアジで当たりが遠い時は、次のようにします。

 

リアクションバイトで喰わせる

アタリがなくなると、つい喰ってくるのを待ちたくなります。

 

待った方がよいことがありますが、振り幅30cmほどで軽く2回シャクッてみるとよいです。

 

潮があまり流れていない時は、3〜4回シャクッて10秒ほど待ちます。

 

アタリがあるまで、これを繰り返します。

 

このように仕掛けを動かすことで、アジが思わず喰ってしまうことがあります。

 

 

リフト&フォールで誘う

リフト&フォールは、ルアー釣りでよく行われる釣り方です。

 

文字どおり、仕掛けを持ち上げて沈めます。

 

ゆっくり誘うことが重要です。

 

速すぎると食いがよくないことが多いです。

 

 

適度に底を取り直す

底付近を狙う場合は、底から2m上を狙います。

 

水深は常に変わります。

 

そのため、適度に底を取り直さないと、底から浮きすぎていることがあります。

 

浮きすぎていると釣れません。

 

 

置き竿でやってみる

いろいろ誘ってみても食ってくれないことがあります。

 

このような時は、置き竿で当たりを待ってみるとよいです。

 

意外とこれで食ってくれることがあります。

 

これは最後の手段です。

 

 

サバばかりが釣れる時はどうすればよい?

ライトアジ釣りをすると、サバがよく釣れます。

 

サバは走りまくるので、仕掛けがぐちゃぐちゃになってしまうことが多いです。

 

そのため、サバは嫌われています。

 

それなのに、サバしか釣れない時があります。

 

そんな時は、狙う棚を深めにしてください。

 

サバはアジより浅い棚にいることが多いためです。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「」

ホーム