ボートアジングのタックルと釣り方のコツ

ボートアジングのタックルと釣り方のコツ

おかっぱりからのアジングを楽しむ人が増えています。

 

ボートアジングも面白いです。

 

ジグ単で狙うのもよいですが、ダウンショットリグもおすすめです。

 

ここでは、ボートアジングのダウンショットリグのタックルと釣り方のコツについてご紹介します。

 

 

ボートアジングのダウンショットリグのタックル

ボートアジングのダウンショットリグのタックルについてご紹介します。

 

ボートアジングでは、バーチカルな釣りを行うことも多いです。

 

そのような場合は、ダウンショットリグで狙います。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

  ボートアジングのタックルと釣り方のコツ

 

 

ロッド

 

ロッドはアジングロッドを使います。

 

アンダーキャストする場合は、しっかりシェイクできるようにチューブラータイプがおすすめです。

 

操作性重視のため、少し長めのものを使うとよいです。

 

長さは7フィートぐらいがぴったりです。

 

 

リール

 

リールは、スピニングリールを使います。

 

2000番がおすすめです。

 

 

ライン

 

ラインはPEの0.3号前後を使います。

 

感度がよいのでおすすめです。

 

 

リーダー

 

リーダ−はフロロカーボンの1.5号前後を使います。

 

長さは1〜1.5mです。

 

エダスは、オモリから1ヒロ上で出します。

 

 

ジグヘッド
 

ジグヘッドは1.25〜3gを使います。

 

ジグヘッドを使わず、フックのみでもOKです。

 

 

ワーム
 

ワームは1〜3インチを使います。

 

ピンク・オレンジ・クリアが人気のカラーです。

 

暗い時間帯はグローが効果的です。

 

 

オモリ

 

オモリは3号前後を使います。

 

 

ボートアジングのダウンショットリグでのタックル

ボートアジングのダウンショットリグでのタックルについてご紹介します。

 

まず、仕掛けをアンダーキャストします。

 

底に着いたら、基本的にはシェイクで誘います。

 

オモリを3号ぐらいにしておくと底につけたままシェイクできます。

 

シェイクしたら、必ず少し止めて(ステイ)待ちます。

 

アジはシェイクで気づきます。

 

ステイ時に喰ってきます。

 

少し長めのステイを心掛けるとよいことが多いです。

 

また、ステイ時にラインを張った状態から少し緩めると喰ってくることがあります。

 

そのため、ずっとピンと張らずに緩めるとよいです。

 

 

また、リフト&フォールで誘うのも効果的です。

 

手前まで探ってきたら、キャストし直します。

 

 

当たりがあれば合わせます。

 

無理をしないようにやり取りして寄せてきます。

 

最後でバレることがあるので、気を抜かないようにします。

 

良型は網ですくうとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「船でのアジ釣りの釣具(仕掛けなどの小物以外)

ホーム