ボートアジングのジグ単の仕掛けと釣り方

ボートアジングのジグ単の仕掛けと釣り方

最近、ボートアジングの人気が高まっています。

 

ボートアジングの一種であるバチコンアジングやディープアジングは、重めのオモリを使います。

 

ここでは、ジグヘッドのみで釣るジグ単の仕掛けと釣り方についてご紹介します。

 

ボートアジングのジグ単の仕掛け

ボートアジングのジグ単の仕掛けについてご紹介します。

 

ジグヘッドやオモリが軽めなので、おかっぱりから釣るのとほとんど同じタックルでOKです。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

  ボートアジングのタックルと釣り方のコツ

 

 

ロッド

 

ロッドはアジングロッドがおすすめです。

 

メバリングロッドでもよいです。

 

使用するジグヘッドの重さに注意が必要です。

 

長めの方が飛距離が出ますが、短めの方が扱いやすいです。

 

6フィート前後が使いやすいです。

 

アジングロッドのおすすめはこちら!

 

 

リール

 

リールは、キャストするので、スピニングリールがおすすめです。

 

1000〜2000番がよいです。

 

アジングリールのおすすめはこちら!

 

 

ライン

 

ラインはエステルの0.3号を使います。

 

エステルは、瞬間的な衝撃に弱いので、初心者は扱いにくいところがあります。

 

PEの0.2〜0.3号を使ってもよいです。

 

 

リーダー

 

リーダ−はフロロカーボンの0.8〜1号を使います。

 

長さは1〜1.5mです。

 

 

ジグヘッド
 

ジグヘッドは1.25〜3gを使います。

 

狙う水深や潮の速さによって重さは変わります。

 

アジングのジグヘッドについてはこちら!

 

 

ワーム
 

ワームは1〜3インチを使います。

 

狙うアジのサイズで変えます。

 

カラーは、定番のピンク・オレンジ・クリアがおすすめです。

 

夜釣りならグローがよいです。

 

アジングのワームについてはこちら!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ボートアジングのジグ単での釣り方

ボートアジングのジグ単での釣り方についてご紹介します。

 

日中の釣り方

日中は、アジはシェードボトムにいます。

 

誘いは、キビキビした動きで誘った方がよいです。

 

そのため、ジグヘッドは3gなど重めがよいです。

 

 

リアクションで口を使わすような釣り方がおすすめです。

 

あまりスローに誘わない方がよいです。

 

 

アジは目がよいので、きちんと誘わないと見切られてしまいます。

 

日中は、少し難易度が高めです。

 

 

まず、キャストして仕掛けを底まで沈めます。

 

キャストせずに足元に沈めてもよいです。

 

着底後、リールを巻きながら、2〜3回シャクリを入れます。

 

その後、そのままフォールさせます。

 

これを繰り返します。

 

ボートアジングのジグ単の仕掛けと釣り方

 

 

夜間の釣り方

夜釣りにおいては、常夜灯周辺がおすすめです。

 

狙う場所を絞れて当たりが多いです。

 

そのため、夜釣りの方が釣りやすいです。

 

 

表層まで浮いていることも珍しくはありません。

 

表層にいるアジを狙うのなら、着水後すぐにただ巻きで引いてくればOKです。

 

 

表層で釣れない場合は、アジのいるレンジを探る必要があります。

 

少しずつレンジを下げてアジの反応を見ます。

 

 

次のように探ってもOKです。

 

着水後巻かずにフォールさせていきます。

 

ラインがふわっとたるんだ時だけ、軽くチョンチョンとシャクって巻いてやります。

 

あとは、5秒ごとに軽くシャクリを入れて沈めていきます。

 

どのレンジで当たりがあったのかを掴んでいきます。

 

 

底まで沈めて狙うことも多いです。

 

着底後は、シャクリを入れてからのフォールで誘います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ボートアジングのタックルと釣り方のコツ

ホーム