アジのサビキ釣りの竿・リール・クーラーボックスは?

アジのサビキ釣りの竿はどのようなものがよい?

アジのサビキ釣りの竿の選び方

アジのサビキ釣り竿として、いろいろなものが使えます。

 

中でも、2.4mほどのコンパクトロッド3.6〜4.5mほどの磯竿(2号)がおすすめです。

 

他にも、渓流竿や堤防竿、バスロッドなどでも問題ありません。

 

 

基本的には、何でもいけるのですが、使えるかどうかの目安はあります。

 

まず長さです。

 

長ければ、その分沖の方まで幅広く狙えます。

 

バスロッドは短いので、ほとんど真下を狙うような形になってしまいます。

 

もちろん、真下でアジが群れを作っているのならそれでもよいと思います。

 

ただ、真下にアジがいなければ、もう少し沖の方を狙ってみたいですね。

 

そのような時には、バスロッドは不向きです。

 

長めの磯竿を使いたいですね。

 

どこにアジがいるかで、長さの異なる竿を使い分けてみるのもよいでしょう。

 

アジ サビキ釣り

 

 

オモリ負荷のチェックを忘れてはいけません。

 

使用できるオモリの範囲を超えると、竿先を破損してしまうこともあります。

 

10号のオモリをかけられれば大丈夫です。

 

 

竿先はある程度柔らかく、胴がしっかりしているものがよいです。

 

柔らかい方が食い込みがよく、当りも取りやすいです。

 

胴がしっかりしていないと、誘いがあまりかかりません。

 

 

釣竿が自宅にある人は、購入する前に使えそうかどうか見てみてください。

 

意外と何でもいけます。

 

 

アジのサビキ釣りの竿のおすすめ

アジのサビキ釣りの竿のおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

アジのサビキ釣りのリールはどのようなものがよい?

アジのサビキ釣りのリールの選び方

竿はいろいろなものを代用できましたが、リールはそれ以上に何でも使えます。

 

ただ、ベイトリールはバックラッシュしてラインが絡まってしまいますので、スピニングリールの方がよいです。

 

あとリールで注意するのは、大きさぐらいです。

 

あまりにも大きすぎたり、小さすぎると、釣りにくいです。

 

最適な大きさは、ダイワなら2000〜2500番、シマノなら2500〜3000番のリールです。

 

投げることも想定して、少し大きめにしています。

 

ラインは、ナイロン3号が100〜200mぐらい巻ければ十分です。

 

ただ、これらはあくまで目安です。

 

すでにリール持っているのなら、1度使えるか試してみるのも手です。

 

あまりにも、上の条件と合わないのなら別ですが。

 

 

アジのサビキ釣りのリールのおすすめ

アジのサビキ釣りのリールのおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竿とリールの両方を購入するのなら、サビキセットがお得です!

 

 

 

 

アジのサビキ釣りのクーラーボックスはどのようなものがよい?

対象魚が小さなアジだけに、それほど大きなクーラーボックスは必要ありません。

 

容量は10〜15リットルもあれば十分です。

 

保冷力は高いに越したわけはありませんが、あとは予算次第です。

 

保冷力が高ければ、その分価格が上がります。

 

1万円ぐらいまでで購入できますので、余裕がある人は少し高めのクーラーボックスを購入するとよいです。

 

 

どうしても安くあげたい人は、保冷バッグ発泡スチロールを使用してもよいです。

 

真夏は保冷力が低いので、厳しいかもしれませんが。

 

あと水漏れや破損についても心配です。

 

 

おすすめのクーラーボックス

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジのサビキ釣り仕掛けと釣り方のコツ(堤防)

ホーム