アジングロッドの選び方!初心者はこのようにして選べばよい!

アジングロッドの選び方!初心者はこのようにして選べばよい!

アジングロッドの選び方についてご紹介しています。

 

おすすめは、アジング専用ロッドです。

 

そのために作られたロッドです。

 

専用ロッドには勝てないと思います。

 

 

では、どのような専用ロッドを選べばよいのでしょうか?

 

まず、長さについてです。

 

アジングは、遠投することが多い釣りです。

 

そのため、遠投を重視するのなら、少し長めのロッドが最適です。

 

少しでも長い方が、飛距離は伸びますからね。

 

ただ、長すぎると、合わせるのに時間がかかってしまいます。

 

この辺のバランスが難しいです。

 

 

アジングでは、アジの吸い込み当たりに合わせなければなりません。

 

そのため、ロッドの先端には繊細な当たりを逃さない感度が求められます。

 

当たりが取れなければ、アジをかけることは難しいです。

 

使用するラインによっても、変わってきますが。

 

理想は、張りがあって、アジの吸い込み当たりに対して先が曲がるロッドです。

 

 

まとめてみると、次のようなロッドが最適です。

長   さ

6フィートぐらいのロッドがおすすめです。
一般的には、6〜8フィートぐらいのロッドがよく使われています。
飛距離(遠投)、合わせ、操作性、重量などを考えて、お好みで選んでください。

ラ イ ン

PEは0.3〜0.4号がおすすめなので、これらの号数のPEを使用できるロッドの中から選ぶとよいです。

ルアー重量

ジグヘッドは1gのものがよく使われています。
それ以外に小型のジグを使うこともあります。
そのため、8〜10gぐらいのジグを使えるロッドを購入しておけば、いろいろできて便利です。

 

アジング ロッド

 

 

ここまでは、専用ロッドについてお話してきました。

 

もちろん、専用ロッドでないといけないというわけではありません。

 

 

代用可能なロッドとして、よく挙がるのはメバリングロッドです。

 

メバリングロッドの方が、竿先に張りがあります。

 

そのため、食い込み重視のアジングロッドほどの柔らかさはないように感じます。

 

実際、使ってみるとわかりますが、メバリングロッドは硬めのアジングロッドに似ています。

 

飛ばしウキなどキャロ系で攻めるのなら、むしろメバリングロッドの方がよいかもしれません。

 

→メバリングロッドとアジングロッドの違いについてはこちらを参照!

 

 

他にも、バスロッドエギングロッドも使えます。

 

バスロッドでは、やや繊細な当たりが取りづらいかもしれません。

 

その点、エギングロッドは高感度に作られたロッドなので、バスロッドよりは釣りやすそうです。

 

 

初心者は、代用できるロッドを使えばよいと思います。

 

本格的にやりたいと思えば、その時に専用ロッドを購入すればよいのですからね。

 

もちろん、最初からアジングロッドを購入してもよいですが。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジングロッドのおすすめは?

ホーム