アジングのワームのサイズ・カラーなどのおすすめ

アジングのワームのサイズ・カラーなどのおすすめ

ワームには、いろいろなものがあります。

 

形や大きさ、色などはさまざまです。

 

 

では、どのようなワームがよいのでしょうか?

 

次の点に注意して選ぶとよいです。

 

アジング ワーム

 

 

アジングのワームの大きさなど

アジング用のワームの中から選ぶのが無難です。

 

アジの口は小さいので、細いタイプのものがおすすめです。

 

形状は、ストレートピンテールがよいです。

 

長さは、1.5〜2インチぐらいがよいです。

 

大きさ(長さや太さ)は、その時の状況に応じて変えていかなければなりません。

 

ワームの長さについて考える

 

ワームの長さが釣りに影響を及ぼすことがあります。

 

長めのワームは2.4インチ、短めのワームは1.6インチと考えてください。

 

 

風が強い日に長めのワームを使うと、空気抵抗を受けて飛距離が出なくなったり、狙ったポイントに投入できなくなります。

 

これでは、なかなか思うような釣りを行うことができません。

 

風が強い日は、短めのワームを使うようにします。

 

逆に、海の中では、長めのワームの方がアクション性アピール力に優れています。

 

そのため、アジの食い気を高め、口を使ってくれやすくなります。

 

 

それでは、短めのワームを使うメリットはないのではないかと思ってしまいがちです。

 

しかし、そうではありません。

 

短めのワームを使った方がよい状況があります。

 

それは、流れの激しいエリアを攻める時です。

 

短めのワームは、空気や水の抵抗を受けにくいので、流れの激しいエリアにぴったりです。

 

アピール力よりも、狙ったポイントへ送り込む能力を重視した方がよいのです。

 

 

ここでご紹介したことはあくまで一般論です。

 

状況によって変わることもあります。

 

 

 

アジングのワームの色

色については、こちらを参考にしてください。

 

ホワイトまたはグロー系

 

潮が濁っている時におすすめの色です。

 

特に、グロー系は夜のアジングで威力を発揮します。

 

活性が高い時にも適しています。

 

 

クリアー系

 

潮が澄んでいる時昼間に効果的な色です。

 

ナチュラルなのがよいようです。

 

アジは、クリアー系がよいという声をよく聞きます。

 

 

ピンク系

 

サビキ釣りのスキン仕掛け同様、オキアミに近い色ということで、アジへのアピール度が高いのかもしれません。

 

 

絶対に釣れるという色はありません。

 

先ほどまで釣れていた色でも、急に釣れなくなることがあります。

 

アジは、結構飽きっぽいです。

 

そんな時は、色違いのワームに交換するとよいです。

 

どのような色のワームがよいのかわかりませんので、いろいろなワームを用意しておく必要があります。

 

個人的なおすすめは、グロー系とクリア系です。

 

スポンサーリンク

 

 

アジングのワームの匂い

ワームの中には、匂いが付いているものもあります。

 

匂いにより、集魚効果が期待できます。

 

しかし、匂いはあってもなくても、釣果にはあまり影響しないという人もいます。

 

正直なところ、その判断は難しいです。

 

ただ、ないよりはある方がよいという考え方もできます。

 

そのため、釣れない時のために持っておくと、いざという時に役に立ちそうです。

 

 

アジングワームのおすすめは?

アジングワームのおすすめについてご紹介しています。

 

使うワームで釣果が決まることがあるかもしれないだけに、慎重に選びたいですね。

 

数あるアジングワームの中で、おすすめは次のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなワームを使っても面白そうです。

 

 

Amazonで他のワームを探す!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「アジングの釣り方のコツ

ホーム