アジのサビキ釣り仕掛けと釣り方のコツ(堤防)

アジのサビキ釣り仕掛けと釣り方のコツ(堤防)

堤防や海釣り公園でアジのサビキ釣りをする際の仕掛けは、次のとおりです。

 

上カゴ式

アジ サビキ釣り 仕掛け

 

上カゴ式は、竿先を上下に動かさないと撒き餌は出ません。

 

そのため、1度仕掛けを底まで沈め、アジがいる棚まで巻き上げて撒き餌を出すとよいです。

 

どの棚にいるのかわかない時は、撒き餌を出しながら徐々に巻き上げていきましょう。

 

ここぞというところで、2〜3回シャクって撒き餌を全部出します。

 

しばらくやってみて当たりがなければ、仕掛けを回収します。

 

そして、また底から探っていきます。

 

 

下カゴ式

アジ サビキ釣り 仕掛け

 

下カゴ式は、仕掛けを沈めるのと同時に撒き餌が出ます。

 

そのため、底まで沈めてから、巻き上げるという釣り方はできません。

 

撒き餌を出しながら、アジがいる棚まで沈め、2〜3回シャクって当たりを待ちます。

 

その際、竿先を上下に動かして誘いをかけてもよいです。

 

当たりがなければ、仕掛けを回収します。

 

そして、また同じようにします。

 

 

どちらの釣り方でも、重要なのは撒き餌の煙幕の中に、擬餌針を入れられるかです。

 

これができなければ、アジの食いが悪くなります。

 

 

当たりがあれば、竿先がツンツンと上下に揺れます。

 

よほど硬い竿でない限り、明確にアジが掛かったことはわかります。

 

焦らず、やや竿を立てて、ゆっくりと巻いてください。

 

アジは口切れしやすいので、強引に巻き上げたり、ポンピング(竿を上下に動かしながら巻くこと)はしないでください。

 

仕掛けを竿先の少し手前まで巻き、竿を立てて自分の体の方へ寄せます。

 

この時、どの位置にある針にアジが掛かったのかを見ておきます。

 

1番上の針に掛かっていたのなら、もう少し仕掛けを上げると、他の針にもアジが掛かる可能性が高くなります。

 

釣れたアジを針から外す方法!

 

1度にたくさんのアジが釣れた場合、注意しなければならないのは仕掛けを絡ませることです。

 

せっかくたくさん釣れても、仕掛けが絡まってしまっては手返しが遅くなってしまいます。

 

 

では、どのように外せば、仕掛けが絡まないのでしょうか?

 

2つほどコツがあります。

 

 

1つは、仕掛けをピンと張った状態でアジを外していくことです。

 

弛んだ状態では、仕掛けが重なってしまって絡みやすくなります。

 

もう1つは、上の針からアジを外していくことです。

 

下から外すと、上のアジが暴れると非常に外しにくいです。

 

 

これらのことを守るだけでも、絡む可能性は低くなります。

 

やってみてください。

 

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「トリックサビキの仕掛けと釣り方・餌つけ

ホーム