アジングのジグヘッドの重さは?

アジングのジグヘッドの重さは?

アジングのジグヘッドとは、オモリにフックがついたものです。

 

ジグヘッドは、大きく分けると3種類あります。

 

ラウンド型(丸型)、バレット型、矢じり型です。

 

アジング ジグヘッド

 

 

それぞれの特徴は、次のとおりです。

 

ラウンド型(丸型)

定番は、ラウンド型です。

 

潮に乗せて一定のレンジ攻めたり、フォールで食わせる時に威力を発揮します。

 

特別な理由がなければ、ラウンド型を使えばよいと思います。

 

 

バレット型

レンジをキープする力が高いです。

 

巻いて釣るに適しています。

 

 

矢じり型

ダートアクションで誘いを入れる時に重宝するジグヘッドです。

 

深場を攻めるのに適しています。

 

スポンサーリンク

 

 

ジグヘッドの重さについてです。

 

0.2〜3gぐらいまで、いろいろなジグヘッドがあります。

 

1g前後が、よく使われています。

 

初心者は、1.5g前後がおすすめです。

 

投げやすいのと、ジグヘッドを引いてくる時の操作感を得やすいためです。

 

 

重さが釣果に直接かかわることもあるだけに、いろいろな重さのジグヘッドを用意しておきます。

 

次のように使い分けるとよいです。

 

食いが悪い時には、0.5〜1gでよりスローに探ります。

 

潮が速い・風が強い時には、2〜3gを使ういます。

 

最低でも、0.5g、1g、1.5g、2gのものを持っていくようにします。

 

 

アジの口は小さいので、あまり大きなジグヘッドは適しません。

 

アジが吸い込めるぐらいの大きさのものを選ぶようにしなければなりません。

 

 

アジングのジグヘッドのおすすめは?

アジングのジグヘッドのおすすめについてご紹介しています。

 

ジグヘッドの種類は、本当にたくさんあります。

 

人気が高く、おすすめできるジグヘッドは、次のとおりです。

 

 

 

 

 

ワームは、ジグヘッドにまっすぐセットしなければなりません。

 

できないという人や面倒という人には、こちらの商品がおすすめです。

 

始めから、ジグヘッドにワームがセットされています。

 

 

Amazonで他のジグヘッドを探す!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジングでジグヘッドが飛ばない、飛距離が出ない理由

ホーム