デイアジングのワームなど釣り方のコツは?

デイアジングのワームなど釣り方のコツは?

デイアジングの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

デイアジングとは、日中に行うアジングのことです。

 

デイアジングだからと言って、一般的なアジングの釣り方で釣れないわけではありません。

 

しかし、デイアジングに特化した釣り方を行うことで、より釣果アップを図ることができる場合があります。

 

デイアジング

 

 

デイアジングで大切なのは、強いアクション食わせの間です。

 

なぜ強めのアクションが必要なのかと言えば、捕食態勢に入っていないアジに反射的に食わせるためです。

 

捕食態勢に入っていないと、口をなかなか使ってくれず、食わせるのが非常に難しいです。

 

強めのアクションで誘うことによって、思わず食ってしまったというような状況を作るのです。

 

 

強めのアクションとは、具体的にどのように誘うことなのでしょうか?

 

それは、ジグヘッドをダートさせることです。

 

 

食わせの間は、巻いた後誘うのを止めることで作ることができます。

 

この時、糸ふけを取っておかないと、せっかくの当たりがわかりません。

 

止める前に、必ず糸ふけを取ると覚えておきます。

 

食わせの間がないと、アジが食うタイミングありません。

 

 

具体的な釣り方は、次のとおりです。

 

まず、仕掛けをキャストして、狙った棚まで沈めます。

 

その後、リールを巻く時に強めにアクションを付けます。

 

そうすると、ジグヘッドがダートします。

 

そして、糸ふけを取った後誘うのを止めます。

 

基本的には、これを繰り返せばよいです。

 

 

誘うのを止める時に、竿先を動かさなければ、ジグヘッドはカーブフォールします。

 

仕掛けの重みを感じながら竿先を上げていくと、ジグヘッドは水平に近い態勢を取ります。

 

少しのことで、アジへの見せ方を変えることができます。

 

 

同じアクションを繰り返していると、アジの食いが悪くなってしまいます。

 

そのような時は、誘い方に変化を付けます。

 

巻いてくる時に、チョンチョンとシャクッてやると、よりアピールすることができます。

 

さらに、巻いてくる時に小刻みに竿先を上げ、その後のテンションフォールで食わせます。

 

この2つを組み合わせることで、かなり効果的に釣ることができます。

 

 

ロッドやリールなどは、通常のアジングの仕掛けを参照!

 

「アジングの仕掛け(ジグヘッド・ワーム)」

 

 

ジグヘッドとワームはこちらがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ナイトアジングのワームなど釣り方のコツは?

ホーム