ライトアジの竿(タックル)・リール・ライン(PEの太さ)

ライトアジの竿(タックル)・リール・ライン(PEの太さ)

ライトアジの竿(タックル)

最近は、アジだけではなく、ライトゲームが人気です。

 

そのため、ライトゲーム用の竿がたくさん販売されています。

 

ライトアジも、そうした竿の中から選ぶことをおすすめします。

 

専用の竿は、当然その釣り方に合うように作られています。

 

 

全長が1.8〜2mでオモリ負荷20〜50号ぐらいの竿がおすすめです。

 

もちろん、この仕様とは違っていても、ライトゲーム用(対象魚がアジ)の竿なら問題ありません。

 

 

では、専用の竿でなければダメなのかと言えば、決してそういうわけではありません。

 

バスロッドなどルアー用の竿でも代用できます。

 

穂先が柔らかい竿は、破損することがありますので注意してください。

 

アジのバラシ防止を重視するのであれば、胴調子の竿がよいです。

 

先調子の竿は、アジの口が切れてしまう恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

ライトアジロッドのおすすめは?

 

 

 

 

 

 

Amazonで他のロッドを探す!

 

 

ライトアジ 竿 リール

 

 

ライトアジのリールとライン(PEの太さ)

水深が20〜30mと浅いため、リールはスピニングリールより、ベイトリールの方が使いやすいです。

 

ラインはPE1〜2号が一般的です。

 

個人的には、1.5号がおすすめです。

 

最低100m巻いておけば十分です。

 

リールは、巻きたいと思うラインを巻けるものにします。

 

 

ライトアジのリールのおすすめは?

 

 

 

 

Amazonで他のリールを探す!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ライトアジの釣り方

ホーム