アジングの遠投リグの釣り方

アジングの遠投リグの釣り方

アジングの遠投リグの釣り方についてご紹介しています。

 

狙うポイントは、カケアガリや潮目などの変化が見られる場所、明暗の境目(夜釣り)などです。

 

特に、夜釣りでは常夜灯の明暗の境目よりも先へキャストすることで大型が狙えます。

 

今までは、遠すぎて狙えなかったポイントも攻めることが可能となります。

 

 

ウルトラシュートの重さには、20g・22g・24gがあります。

 

釣り方によって使い分けるとよいです。

 

20gは、スローシンキングタイプです。

 

着水したポイントからアジのいるポイントまで流し込んで食わせることもできます。

 

22g・24gシンキングタイプです。

 

22gは1gのジグヘッドと、24gは2gのジグヘッドに近いフォールスピードで沈んでいきます。

 

重い割には、ゆっくり沈んでいきます。

 

スローフォールで食わせることができるのが、大きな武器なのです。

 

 

具体的な釣り方です。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

狙ったレンジまで沈めます。

 

後は、ただ巻きで引いてくるだけです。

 

 

他にも、リフト&フォールで誘ってもよいです。

 

フォールは、カーブフォールにしてもOKです。

 

カーブフォールと言っても、フォールの時にテンションを掛けて止めればよいだけです。

 

難しくはありません。

 

 

当たりがあれば、軽く合わせます。

 

あまり強く合わせすぎると、口切れを起こしてバラしてしまいます。

 

アジは口が柔らかいので注意が必要です。

 

巻き上げる際も、強引に巻こうとしてはいけません。

 

ドラグを緩めにしておいて、慎重にやり取りをするようにします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジングのメタルジグの仕掛け(図付き)

ホーム