ナイトアジングのワームなど釣り方のコツは?

ナイトアジングのワームなど釣り方のコツは?

ナイトアジングの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

アジングは、夜釣りがおすすめです。

 

デイアジングは、ポイント選びが非常に難しいです。

 

それに比べて、ナイトアジングは比較的簡単です。

 

夜釣りでは、ベイトを狙って常夜灯周辺など明かりのある場所にアジが集まってくるためです。

 

ただ、アジも外敵から身を守るため、暗部に身を潜めていることが多いです。

 

そのため、明部よりも暗部を攻めるとよいです。

 

ナイトアジング

 

 

狙う棚についてです。

 

まずは、表層から攻めていきます。

 

明かりに寄ってきたベイトを狙うため、アジは浮いていることが多いです。

 

釣れなければ、少しずつ棚を下げていきます。

 

 

ナイトアジングの釣り方についてです。

 

先ほども述べたように、常夜灯周辺の暗部の表層から攻めていきます。

 

狙ったポイントへキャストします。

 

着水後、すぐにただ巻きで引いてきます。

 

たまに巻くのを止めて、仕掛けをフォールさせます。

 

フォール中に、軽くシャクるのもよい誘いになります。

 

 

常夜灯周辺などに集まるアジは、活性の高いものが多いです。

 

そのため、デイアジングに比べると食わせやすいです。

 

とは言っても、日によって状況は異なりますが。

 

 

釣れなければ、アジがいる棚を探ることが重要です。

 

表層からカウント5、それでもダメならカウント10というように、どんどん棚を深くしていきます。

 

 

しばらく釣れていても、急に釣れなくなることがあります。

 

アジがいる棚が変わった可能性があります。

 

再度上から下まで棚を探るようにします。

 

 

アジがスレてしまって、食わなくなった可能性もあります。

 

その場合は、ワームの交換をしなければなりません。

 

 

おすすめのワーム

 

波動が強いワームです。

 

高活性のアジや大型狙いに最適です。

 

まずは、こちらから始めてみるとよいです。

 

 

 

釣れなければ、微波動のワームと交換します。

 

オールマイティに使えるタイプなので食わせやすいです。

 

「ティクト フィジットヌード」 を使います。

 

個人的には、銀粉しらすUVがおすすめです。

 

 

風や潮が強すぎるなど問題がなければ、ジグヘッドは1gで始めるとよいです。

 

状況に応じて、軽くしたり、重くしたりします。

 

ジグヘッドには、「アジスタ」を使います。

 

 

「ティクト フィジットヌード」と「アジスタ」についてはこちら!

 

「デイアジングのワームなど釣り方のコツは?」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジングの夏場のパターン

ホーム