アジングの釣り方のコツ

アジングの釣り方のコツ

アジングの釣り方のコツについてご紹介しています。

 

アジングは、ルアー釣りの中でも比較的簡単です。

 

初心者でも、十分釣れます。

 

アジング 釣り方

 

 

アジングの釣り方は、次のとおりです。

 

アジが泳いでいそうなポイントにキャストします。

 

潮通しのよいところ常夜灯の下などがおすすめです。

 

夜なら中層から表層を、昼なら底付近を狙います。

 

あくまで目安です。

 

夜でも底付近にいたり、昼でも表層を泳いでいることがあります。

 

表層から探り、釣れなければ中層、底とどんどん棚を下げていきます。

 

 

基本的に、アジはただ巻きで釣れます。

 

ただ巻きとは、文字どおりリールを一定の速度で巻くことをいいます。

 

一定の速さで巻くことにより、同じ棚を引いてくるのです。

 

あまり速く巻きすぎると、ジグヘッドがどんどん浮いてきます。

 

釣れない時は、キャスト後にカウントダウンしてジグヘッドを沈め、先ほどと異なる棚を引いてきます。

 

これを繰り返して、どんどん棚を下げていきます。

 

竿先をチョンチョンと動かしたり、巻いては止め(フォール)を繰り返したり、巻くスピードに変化を与えることで食ってくることがあります。

 

いろいろとやってみるとよいです。

 

 

同じ棚を探り続けたい時は、チョンチョンと竿をシャクッた後、ゆっくりと竿先を上げていくとよいです。

 

竿先を上げずにそのままにしておくと、ジグヘッドの重みでどんどん沈んでいきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アジは、フォールしている時に食ってくることが多いです。

 

フォールとは、仕掛けを落下させる(沈ませる)ことです。

 

そのため、効果的にフォールを利用した誘い方を取り入れると、よく釣れることがあります。

 

フォールは重要です。

 

キャストして、狙っている棚までジグヘッドを沈めます。

 

小刻みに竿先を動かし、テンションフォールを行うとよいです。

 

その後も、これを繰り返します。

 

 

それでも食わない時は、ジグヘッドの重さやワームの色などを変えてみるとよいです。

 

思い切って、ポイントを変えるのも手です。

 

 

アジが食ってきても、思いっきり合わせないでください。

 

アジの口は、非常に柔らくて弱いです。

 

そのため、他の魚のように合わせたくなりますが我慢です。

 

アジの当たりがあれば、ロッドを立てるだけでよいです。

 

そして、すぐにリールを巻き始めればOKです。

 

あるいは、巻き合わせでよいです。

 

 

リールを巻く際にも、無理は禁物です。

 

ポンピングしたり、強引には巻かないでください。

 

小型のアジならそのまま引き抜いても問題ありませんが、良型のアジなら網ですくいましょう。

 

 

デイアジングで有効なアクションとは?

 

デイアジングには、速いアクションが効果的です。

 

だからと言って、ダート系のジグヘッドで横のアクションばかり入れるのも問題があります。

 

それは、縦のアクションが有効な場合があるためです。

 

縦と横のアクションを使い分けることが重要です。

 

 

縦のアクション

アジの活性が低い時に威力を発揮します。

 

上下の誘いで食わせます。

 

高速で巻いた後、ピタッと止めてフォールで誘います。

 

こうすることで、アジのスイッチを強引に入れることができます。

 

丸型のジグヘッドを使うとよいです。

 

 

横のアクション

アジの活性が高い時に威力を発揮します。

 

左右の誘いで食わせます。

 

活性が高い時は、ダートでの反応がよいです。

 

三角型のジグヘッドを使うとよいです。

 

 

状況に応じて、縦と横のアクションで誘いを入れます。

 

いろいろと試してみましょう!

 

 

当たりがあっても針がかりしない場合は?

 

当たりがあっても、針がかりしない場合はどうしますか?

 

よく言われるのは、“針を小さくした方がよい”ということです。

 

しかし、どのような場合でも、これが正しいとは言えません。

 

それは、針を大きくした方がよい場合もあるためです。

 

 

針の大きさは、次のように交換した方がよいです。

 

当たりがあった時、針がアジの口の中に全部入っていないのは、アジにあまり食う気がないためです。

 

食う気がない時は、針を小さくして吸い込みをよくした方がよいです。

 

当たりがあった時、針がアジの口の中に一瞬入っているが、吐き出されてしまうことがあります。

 

このような場合、アジには食う気があるので、針がかりしやすいようにひと回り大きな針にした方がよいです。

 

 

状況に応じて、針の大きさを選びます。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「アジングの夏場のパターン

ホーム